ホーム > 研究・調査・システム開発(2013年度) > 高齢者の自立意識と社会的孤立の関係について
2013年度

[生きがい]に関する研究高齢者の自立意識と社会的孤立の関係について

概要

研究名
高齢者の自立意識と社会的孤立の関係について
外部助成
背景又は
社会的関心
子供家族との同居が可能であるにも関わらず一人暮らしを選択する高齢者について、インタビュー逐語録の質的分析から、その置かれた状況や意識を洗い出し、ひとり暮らしに至るプロセスと要因を明らかにする。
目的
晩年の一人暮らしや社会的孤立を防ぐための方策を立案する。
内容又は方法
子供家族との同居が可能であるにも関わらず一人暮らしを選択する高齢者に
ついて、インタビュー逐語録の質的分析から、その置かれた状況や意識を洗い出し、
ひとり暮らしに至るプロセスと要因を明らかにする。
調査対象
75歳以上のDAA会員で子供と同居している人および同居していない人で、
インタビュー調査に協力してくれる人
従事者
・財団内:西村のみ
・財団外:無し
関係先・協力者
未定 : これから検討
研究成果の
公表・普及計画
日本老年社会科学会大会等で発表
 
期間及び将来計画
H26年まで

担当者:西村 芳貢(にしむら よしつぐ)

(公財)ダイヤ高齢社会研究財団 専任研究員

ダイヤ財団の研究報告書や刊行物について

ダイヤ財団では高齢社会における「健康」「生きがい」等の諸問題について調査・研究活動を学会報告するとともに、主なものを研究報告書として発表しています。また、「ダイヤニュース」や「ダイヤ財団新書」などの財団刊行物をご希望の方は、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

電話番号03-5919-1631受付時間:平日10時〜16時