ホーム > 研究・調査・システム開発(2014年度) > 在宅介護による家族介護者の健康への影響と健康支援体制に関する研究
2014年度

[健康]に関する研究在宅介護による家族介護者の健康への影響と健康支援体制に関する研究

概要

研究名
在宅介護による家族介護者への健康への影響と健康支援体制の検討
外部助成
平成25年度〜平成27年度 科学研究費助成事業(若手研究(B))(直接経費 3,100千円)
背景又は
社会的関心
介護の社会化を目的のひとつに掲げた介護保険制度が導入され10年以上が経過したが、家族介護者への支援については未だ不十分である。
目的
多くの家族介護者が体調不良を訴えているとされるが、介護という健康リスク要因と生活状況を踏まえた健康支援は手つかずの状況にある。その家族介護者の実態の把握と求められる保健対策と支援策を検討することを研究目的とする。
内容又は方法
家族介護者に取り巻く関係機関・職員へ郵送式による調査実施
対象
在宅介護者に関わる各機関・各職員
従事者
財団内:鳥本
研究成果の
公表・普及計画
学会発表および学術誌への論文投稿による

担当者:鳥本 靖子(とりもと やすこ)

(公財)ダイヤ高齢社会研究財団 研究員

[主な研究・プロジェクト]

ダイヤ財団の研究報告書や刊行物について

ダイヤ財団では高齢社会における「健康」「生きがい」等の諸問題について調査・研究活動を学会報告するとともに、主なものを研究報告書として発表しています。また、「ダイヤニュース」や「ダイヤ財団新書」などの財団刊行物をご希望の方は、下記までお問い合わせください。

【お問い合わせ先】

電話番号03-5919-1631受付時間:平日10時〜16時